読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の図書室

通訳案内士試験(仏語)合格までの記録と多言語読書の日々

シネフィル①

年末年始に鑑賞した映画たち:

 

 一言:原書(と言っても私の場合は英語訳だったが…)と合わせて観れば一層泣ける。

 

② 

 一言:①の作品の後に見たせいか、私にはかすんで見えた…。しかし良作です。

 

③ 

ソルト (字幕版)

ソルト (字幕版)

 

 一言:可も不可も無く。ただの暇つぶし用ですね。

 

④ 

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]

 

 一言:イッセーさん、宮沢さん素敵です。原作同様「孤独」がよく伝わってきた。

 

⑤ 

バベル (字幕版)

バベル (字幕版)

 

 一言:菊池凛子さんの聾者の演技にビックリした。彼女は本物。

 

⑥ 

幸せを呼ぶミナの文房具店 [DVD]

幸せを呼ぶミナの文房具店 [DVD]

 

 一言:韓国語を忘れないために見たもの。内容はグダグダ。でも、許す。

 

⑦ 

母なる証明(字幕版)

母なる証明(字幕版)

 

 一言:前から見たかった。この監督さんの作品は後味がすっきりしない。でもいいぜ。

 

ハードディスクにはまだ録画したものが残ってますが、それはまた次回です。たくさん本読んで、映画見て、風景鑑賞して、人と会って…今年はそれを確実に実行実践です。たかが映画されど映画。つまらんバラエティ番組見るくらいなら映画みよう。