読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中の図書室

通訳案内士試験(仏語)合格までの記録と多言語読書の日々

新講座

NHK語学講座が新たに開講します。ちらっとネットでテキストを見たんですが、英語で読む村上春樹シリーズがなくなったみたいですね。それはさておいて英語の講座がかなり充実しているようで、遠山先生のラジオ英会話も継続です。ご病気をされていたと告知があったので心配しておりましたが一安心。

 

さぁこの春何をしようかな?と迷うところですけど、私は『暇つぶし』にハングル講座を聴講します。今でも時々聞いてはいるんですが、耳学だけでして文字がどうもしっくりこなくなってきていてちょっとイカンなぁと感じていたところでした。レベルアップ講座も3か月分が1冊になってたりして便利ですので、これまた『暇つぶし』にやります。

 

暇つぶしとか言うととてもまじめにやっておられる方の不快感をあおってしまいそうですが、最初っから肩に力が入りすぎると大体何事も続きません。続けるためにはダラ~っとした感じでゆんるりと向かっていった方が結果としていいように思います。

 

今年は中国語をメインにし、フランス語は基礎から再度やり直し、英語は英検を受検したりと何かと足元を見つめる一年になりそうな感じ。これまではあまりにも拙速に事を推し進め過ぎていたのでもう少し力をためる期間を置く必要がありました。まさにこの一年がそうなんだと感じてます。前に前に進むばかりが能じゃないです。自分の脚力の良し悪しをきちんと見極めることも大事です。いろいろと語学学習で悩んでいる人も多いと思うんですが、前に進むことと基礎を大事にすることは矛盾するものじゃありません。逆に常に基礎に立ち返る姿勢を保つことはすべてのことに共通する大事な心構えだと思います。

 

春はもうそこに来ていてそわそわしちゃいますけど、最初の勢いだけでしぼんでしまわぬようにしたいものですね。