真夜中の図書室

通訳案内士試験(仏語)合格までの記録と多言語読書の日々

欠点を見るのは誰しも嫌だ

検定試験の復習と採点をしました。リスニングでいきなり2問間違え、結局3問も間違えてしまっていたのは結構ショックが大きかったです。そして語彙の問題でも結構間違いがあり数問間違ってました。

 

リスニングは多分に技術がモノを言ってきますので、少し練習を重ねればある一定程度で大きな失点もなくなることでしょう。そして一方の語彙はとどの詰まり知・不知の範疇の問題ですから間違ったことは逆に自分にとってはプラスの知識となっていきます。

 

問題は和訳と中文訳がどの程度の評価を得るかという点。今回の受検は何よりもこの2つのポイントに的を絞っていたので後日送られてくる合否通知がとても楽しみです。

 

何にしても完璧なんてことはありません。試験なんて受けると自分の欠点を嫌というほど突きつけられる羽目になるので気分は良いはずもないのですが、普段見て見ぬふりをしてしまう自分の欠点を試験という形式を通してきちんと指摘されるのは今後の語学学習においてメリットがたっぷりあり、絶対に直視しておきたいものだと考えてます。

 

さて、普段の学習は相変わらず読書を柱としたもので進行させてますが、今は英語と中国語を同時に読んでいるところです。というのも英検を受検するためで感覚を少しでも意識に上らせておきたいからですね。多言語学習の継続と実力の向上はなかなか一筋縄ではいかないところもあるのは事実。それでも、数か月前の自分との比較をすると確実に「分かる」ことが増えているのを感じられるとまたそれが好循環となって学習を継続させやすくなります。今日やって明日出来るようにはならない語学学習ですが、そういう性質のものだからこそ気長に一生の伴侶として付き合い甲斐があるというものですね。