真夜中の図書室

通訳案内士試験(仏語)合格までの記録と多言語読書の日々

仏語通訳案内士受験記録DAY12

先日受検した中国語検定準1級の口述試験の結果が判明した。当然ではあるが合格だったね…。こんなにも心を動かされない合格はなんだろうかと思ったりもする。

 

内容的なことをいうと次のような式が成立する気がする。あくまでも主観ではあるが口述試験についてはこうなるだろう:

 

  • 仏検定準1級>英検準1級>>>>>中検準1級≒仏検準2級

 

つまりは中検準1級の口述試験などつまらん試験ということ。他のサイトでは準1級が実質上の1級試験に当たる、などと書いてあるものがあったが、よくもまぁそんなことが言えるなぁと呆れてしまうよ。1級がどの程度の試験になるのかが不明であるので実際に筆記試験に合格しないといつまでも謎のままになってしまうので一年でも早く筆記試験を突破するに限る。御託は不要です。

 

次は仏検2級。6月の筆記試験ではぶっちぎって合格してまだ受けていない口述試験を経験したいものだ。腕が鳴る。