真夜中の図書室

通訳案内士試験(仏語)合格までの記録と多言語読書の日々

変貌、変化

f:id:lernask:20170524084659p:plain

キンドルファイアで撮影

 

上海の変化の大きさに私はもう言葉を失ってしまった。写真は高架道路。20数年前によく利用していたバス停をもう一度…と思って言ってみたら、完全に違う街に変貌してしまっており、途中道が分からなくなってしまった。仕方ないので何とか道行く人に行先を案内してもらおうときょろきょろしていたら向こうからイスラムの人が自転車に乗ってくるのが目に入った。「あ、留学生だな。」そう思い、声をかけた。

 

彼女は最初言葉だけであれこれ説明してくれたのだけれども、あまりに煩雑だったせいもあって私の表情が自然に曇っていくのを見てとったのだろう、「途中まで一緒に行きますよ。」と提案してくれた。「え、どこかに行く用事があったんじゃないんですか?」と尋ねると、「すぐ近くで買い物して帰るだけですから。」とごく自然に私の散歩?のお相手を申し出てくれたのには感動した。

 

月並みではあるが、イスラム教について彼女にいろいろと尋ねた。どれも知ってはいる事が返ってきたのだが、最後にぽつりと彼女が言った言葉が感動的だった。それは:信仰は地球のどこにいても変わらない。これだけ強いバックボーンをもって生きられるというのはそれだけで幸せなのだろう。

 

何も宗教に入信することが全てにおいて正しいという訳ではない。日本で最大の宗教団体に入っている人の間でも争いは絶えない。所詮は宗教という形をとった思想・哲学集団のためなんだろう。

 

イスラム教は日本人である私たちにとってとても遠い存在であるように思える。どっぷりとアメリカのキリスト教に浸かっているので、イスラムがとても奇異なものに映ってしまうから。でも、話してみると考えの根幹というものにきちんと筋が通っており、それを生活の中で「毎日」実践している。それと比較するとアメリカのキリスト教って一般的に言うとめちゃくちゃ。ひどいよね。

 

話を上海に戻すと、とにかく前へ、前へという思想が街のあちらこちらに体現されていて、この国の力が国民一人一人の了解の元に支えられているのがよくわかる。自由や平等を一生懸命叫ぶ日本にあっては、逆説的に自由も平等もない。過労死しかり、各種ハラスメントしかり。中国は外から見ると、とても圧政的で、息苦しい国だと思いこまされているが、懸命に生きようとするエネルギーは私たち日本人がどこかで失ってしまったもののように思ったりする。そんな体験だった。

 

 

広告を非表示にする